ダイビング四方山話

愛媛県の南西部、西海でのダイビング情報です!

top

サンゴを守る会

 サンゴ守る会も年度末が近づいて
慌ただしいです

P2180153.jpg
皆さん有り難うございます~
P2180155.jpg
この時期はドライスーツお持ちの方で無いと
参加はちょっと辛いので参加者が少なくてちょっと苦労します

でも冬の海は透明度抜群で20Mはありましたし
水温も18℃とそんなに低く無いしね

P2180244.jpg
P2180259.jpg
P2180273.jpg
 でも40分過ぎくらいから寒さがちょっと辛いかな
2本目など寒い~手がしびれる~
だけど海がいい~ストレスを発散しましたよ!!
 サンゴを守る会してストレス発散して二日酔いになってと
何時ものパターンでしたのは私だけのようで・・・・

 今週末は気をつけましょうね~二日酔いに!!
P2180274.jpg

 急な参加をお願いして申し訳ありませんでした
参加の皆さん有り難うございました

 25日(土)と26日(日)両日
サンゴを守る会を行います
参加出来る方のお連絡お待ちしています

 ヒラタ 



  1. 2017/02/20(月) 22:09:53|
  2. サンゴを守る会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

寒いですね ~

 またまた寒波到来で雪が降りそうですね
ブログの更新怠けてるので無くてね~
個人的にとても忙しいのです
 海に入ってないからストレスもたまってまして
 でももうすぐ海ですよ~

サンゴを守る会の開催についてのお知らせです

延期状態でしたが
2月にまとめて行います
 18日(土) 19日(日)
 25日(土) 26日(日)
以上で今年度のサンゴを守る会は終了します
参加出来る方お待ちしています

来年度もサンゴを守る会は行います
興味ある方はお連絡下さい

    ヒラタ


  1. 2017/02/09(木) 20:51:55|
  2. ログブック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日!海日和!!Vol 75「ニコニコ笑顔」

28テンクロスジギンポnakabisyago_2013-08-15
【テンクロスジギンポ】
2月5日は、ニコニコで「笑顔の日」らしい。笑う生き物は人間だけだと言われているが、海の中には、いつも笑っているように見える魚がいる。
テンクロスジギンポがその一つである。口角が上がっているためか、不思議と笑っているように見える。10cmくらいの細長い体をしていて、サンゴに空いた穴の中に住んでいる。顔を出したり引っ込めたりしながら周囲の様子をうかがっているさまは、まるでモグラたたきのようである。
安全を確認すると穴から出てきて食事をするが、その方法が変わっている。他の魚に近づいて、ヒレやウロコをかじりとってしまうのだ。そのために、このような口の形に進化したのだろう。そう思うと、不敵な笑いにも見えてしまう。
なにはともあれ、眉間にしわを寄せていることの多い私としては、テンクロスジギンポを見習い、いつも笑顔で過ごしたいものである。
(撮影地:鹿島)愛南サンゴを守る会 西尾知照
  1. 2017/02/03(金) 21:03:06|
  2. 本日海日和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2017年初潜り

1月7日(土)
週初めの天気予報は雨でしたが
晴れて風も無くてダイビング日和
DSC_0028.jpg
透明度15Mくらいで水温は17℃とちょっと冷たい
P1070291.jpg
恒例の今年の安全を祈願して御神酒
P1070292.jpg
 一人グイッとしてる人が・・・
この時期の瀬の浜は北西の風で入れないのですが
今日は穏やかなので入ることに
P1070295.jpg
P1070301.jpg
 紐のような魚ワカヨウジ
IMG_1428.jpg
ネジリンボウもいました
ダテハゼと共存してました
P1070304.jpg
 ちょっと遠いですがエイも
P1070309.jpg
 砂地を這いずりながらのダイビング
IMG_1459.jpg
 タコも寒いので穴の中に
P1070315.jpg
 これ何か分かります
タコなんです体が大きいから穴に入れないのかな
ほんと忍者の様ですね
 40分過ぎるとやはり寒い!!
でも何故か60分くらい入ってました
冷たくても海は良いですね~
 I さんお疲れ様でした

 ヒラタ 
  1. 2017/01/09(月) 16:20:08|
  2. ログブック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本日!海日和!!Vol 74「黄金の魚で金運アップ!」

nakabi2012_08_17_010-.jpg
【黄金雀鯛(コガネスズメダイ)】
明けましておめでとうございます。連載をさせていただいて、もう6年になりました。今年も愛南の海を紹介させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
さて、今年は酉年である。海の中には、鳥にちなんだ名前の魚がたくさんいる。これらの名前は、生活スタイルや体の特徴が鳥に似ていることから名付けられたものが多い。スズメダイは体が小さく、群になって生活する様子がスズメに似ていることから、名前が付いたようである。愛南町にも多くの種類のスズメダイが住んでいる。
今回はお正月なので、コガネスズメダイを紹介したい。体長は15cm程度で、やや深いところに住んでいる。鮮やかな黄金色をしており、まさに泳ぐ小判である。イサキの外道として釣れるが、コガネスズメダイばかりが釣れて閉口したことがある。船の上で見ても美しい魚だが、やはり花より団子、イサキの方がうれしい。
話がそれたが、コガネスズメダイは、黄金と鯛で、めでたさも4倍の魚である。今年はみなさんの金運も上がりますように。
(撮影地:鹿島)愛南サンゴを守る会 西尾知照
  1. 2017/01/02(月) 14:34:03|
  2. 本日海日和|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ