イシガキでミノきてシャコのソウジ?

本日(7/11)はスタッフ(+α)のみで「ご苦労さんダイブ」でした。ゲストがいないときは「ご苦労さんダイブ」と称してスタッフのみでポイント開発や色々なテストダイブ、主にストレス発散としてダイビングをします。
こんなときに限って海況が良く、レア物にも遭遇して思いっきり楽しかったりするものなのですが…。
今回も例に漏れず楽しいダイビングでした。梅雨時期の中、ピンポイントの好天に恵まれ(風は強かったのですが)、透明度もなかなか。トビウオの歓迎を受けつつボートを走らせます。
とあるポイントではでっかいイシガキフグがユーモラスな風貌で出迎えてくれて、場所を移すとハナミノカサゴがスカシテンジクダイの群れを狙っています。と思えば下ではモンハナシャコが目玉をクリクリさせながらサンゴ礫の間をウロウロしています。
なんとも心休まるリラックスダイビングを楽しんだわけですが、最後はボートの船底ソウジが待っているのでした…。

コメント

非公開コメント