どうした? 西海!

さて、本拠地「西海」でのダイビングです。
水温はGWに19℃近くあったので、今回はもしかして20℃越えてるかな?なんて、気楽にエントリーしたら、なんと!!! 17度!
一気に目も覚め、穏やかな春濁りの海に分け入って行くのでした。

水中は水温が低いからでしょうか、生き物たちの動きも緩慢で数も少なめ。砂地のダテハゼ類もあまり顔を覗かせていませんでした。
そんな中でも気を吐くのはエイの一族。数多く見るのは、EP盤サイズ(古すぎ?)の子エイ達が砂に紛れている姿。ガイディングの目を慣らすのにもってこいの対象です。慣れるとすぐ分かるのですが、そうでないと自分の胸元でバタバタやられるハメに…。

遠くに目を凝らすと、こちらは座布団サイズの大人エイが砂地でバフバフ捕食中でした。しばらくそばで観察しておりましたが一心不乱でこちらにはお構いなし。辺りを見回すとあちこちに食事をしたであろう跡がクレーターのように残っておりました。そう言えば瀬戸内ではエイの大発生が問題になってたな?なんて思い出したり…。

ちなみに今回、風邪の影響で耳が抜けにくく非常に苦労いたしました。体調管理の大事さを改めて痛感いたしました。たかが遊びですからレジャーダイバーが痛みを我慢して潜る事はありませんし、プロのダイバーでもとっさの事態に対応できないような状態では潜るべきではないかなぁなんて思います。今回は真面目に反省いたしました。

後日談として、扁桃炎がひどくなり喉の痛み、高熱、咳。無理が祟った中耳には軽い痛み、聞こえの違和感が残りました。
ホントに反省しました。もうしません。って二日酔いの朝みたい?

コメント

非公開コメント