ドラゴン、大接近!!

今回は、番外編です。

プライベートでインドネシア・コモド諸島へ行ってきました?

始まりは、あるガイドさんに言われた一言。

「5月にコモドツアーを出すんですが、行きませんか?」

コモドといえば、コモドドラゴンで知られるオオトガゲが住んでいるところ。

世界自然遺産にも指定されている、太古の自然が残る場所。

バリから飛行機で約1時間ほど東へ行った

フローレス島のラブハンバジョーが玄関口。

このツアーは6日間かけて、主要ダイビングスポットを潜りながら

ドラゴン見学ができちゃう、おいしいとこてんこ盛りツアー

ここまで来たら、とことん欲張りたくなりますよね

コモドドラゴン


写真はコモドドラゴン もちろん野生の・・・

クルーズ4日目の朝、停泊していたビーチで見られた個体です。

ディンギー(ダイビング用の小さなボート)で近くまで連れて行ってくれたのですが・・・

その距離なんと1M!!

体長2Mほどのドラゴンが目の前にいるんですよ=しかも2匹も

大迫力!!! 大興奮!! そしてちょっぴりの緊張感。

ひとしきり写真を撮った後、思い出したことが・・・

「朝って、捕食の時間じゃない???」

よく見るとかわいい顔をしてるけど、肉食系です、この方。

翌日行ったコモド国立公園で、レンジャーが話してくれました。

「昨日、建築中の小屋の中で寝ていた大工が咬まれたんだ」

彼らにとっては、人も生きるための糧なんだなぁ


コモドオオトカゲは、コモド島と隣のリンチャ島で合わせて約2300匹

恐竜の姿を残したこの生き物は、絶滅の危機にあるようです。

自然に触れると思うこと。地球は、どこへ行こうとしてるのだろう、と。

そして、何か出来ることはないだろうか、と。


あっ、海の話が・・・書いてないですね

ということで、コモドツアーの話は続きまーす。

楽しみにしててくださいねぇ???

コメント

非公開コメント