マダコ 3態

ここ西海ではタコの仲間をいたるところで見ることができます。岩場の隙間や、砂地のガレ場などは絶好のピーピング(変な意味ではないけれど正しい使い方?)ポイントです。
その1:ペットではないけれど
砂地に貝殻が山となっているところがありました。タコの巣かと思いよく観察してみるとビンゴ! 独特の目玉がキョロキョロしています。グローブを脱ぎ、目玉の間のくぼみ(人間で言う眉間?)を静かにコチョコチョしてみると、なんと! ゆっくり腕の一本を伸ばして「お手」をしてくれました。誰かの「飼いダコ」なのかどうかは確認できていません。そう言えば「鬼っ娘」が出てくる漫画にそういうキャラがいましたが。
その2:流れ流れて…
やはり砂地のポイントでした。かわいらしい目玉が覗いていたのでゲストに見せていると、嫌がったタコ君は砂地を這い出て逃げていきました。目で追ってみると逃げた先でスズメダイに威嚇されています。必死に応戦するタコ君。8本の腕を総動員です。しかし応戦しきれず逃れます。が、逃れた先でまた別のスズメダイに威嚇される始末。やはり8本の腕を総動員です。しかし、またもや応戦しきれず逃れる羽目に…。最終的には近くの岩場に逃げ込んだようですが。欧米で「デビルフィッシュ」と呼ばれる威厳はどこに行ったのか…。
その3:ほんとにゴメンネ
OWの海洋実習での出来事です。岩の隙間に潜んでいるタコ君発見! これ幸いと、みんなに見せていたときの事です。伸ばしてきた腕を引っ張ったら「プチッ!」 腕の先端が見事に切れてしまいました…。腕を切られてタコ君は怒り心頭。当然です。あっという間に逃げてしまいました。残された先端はイキの良さをアピールするようにウネウネしています。居酒屋なら喜ばしい光景なのですが…。ほんとにゴメンネ。反省してます。もし彼(?)が男なら、ちぎれた腕が「○ん○ん腕」でないことを祈ります。

コメント

非公開コメント