季節の風物詩

またしても、久しぶりのログです・・・

9月中は海にいることが多く、超アナログな日々でした。

もちろん手元にパソコンなどなくて・・・本当にごめんなさい!!

優しい眼差しで、見守ってくださいね


気がつけばもう10月ということで、9月後半の西海ログです。

ずっと水温が高い日が続いていたのですが、

緩やかに下がってきました。それでも、今年はまだまだ暖かい。

そのせいでしょうか、南から流れ着いたチョウチョウウオなどの

幼魚たちが、活き活きと泳いでる姿をよく見かけます。

アケボノチョウチョウウオyg

写真は『アケボノチョウチョウウオ』の幼魚。

サンゴのポリプをついばみながら、ひらひら泳いでいます。

別のポイントでは『ツバメウオ』の幼魚に、出会いました。

ヒレがまだ長くて、とてもきれい。写真がないのが、残念です。

そして、相変わらず回遊魚たちが小魚めがけてアタックしていました。

やはり、こちらも<季節の風物詩>といったところでしょうか

これからの時期は、透明度が安定してくる(はずっ!)のでワイドがお勧め。

トサカなどのソフトコーラルがびっしり茂る中に、

カラフルな魚を入れて「はいっ、チーズ」なんて、いかが?


【透明度】5?15M 【水温】24?26℃
【出会った魚たち】フウライチョウチョウウオ・ヤリカタギ・トゲチョウチョウウオなどのyg
         ギンガメアジ・ダツ・マアジなどの群れ・サザナミヤッコ
         センテンイロウミウシ・キカモヨウウミウシ etc

風が吹く日が、出始めました。ウィンドブレーカーなどの防風対策をお忘れなく

コメント

非公開コメント