足摺宇和海国立公園指定40周年記念    シンポジウム報告

2013年1月12日(土)土佐清水市くろしおホールにて、足摺宇和海国立公園指定40周年記念シンポジウムが行われました。
イサナダイビングクラブは自然公園指導員の方も多く、参加のお誘いもあり会員の方々と参加いたしました。
kannbann.jpg
また本シンポジウムの目玉であるパネルディスカッション"国立公園再発見”に会員であり自然公園指導員のヤドカリ博士(西尾氏)がパネラーとして参加、愛南町の海のことなど報告いただきました。
P1120012+(2)_convert_20130115154653.jpg  P1120009+(2)_convert_20130115154544.jpg
足摺宇和海国立公園の40年の歩みや現状のことなど、様々な課題と今後どのように守りまた利用してゆくか考えさせられる会でした・・・・
2013tosa.jpg
愛南で活動するイサナダイビングクラブとしては今後のサンゴ保全活動などもう一歩踏み出した動きも必要になりそうです。
シンポジウムの発表のなかヤドカリ博士よりハプニングで愛南の観光に関する活動のシーウオーカーに携わる若きK君の紹介もあり会場を沸かせておりました。
くろしおホールまで遠い道中でしたが、土佐清水市よりのお土産(海産珍味)もいただき、ちょっと得した有意義なシンポジウムでした。

もう一言、カツオ丼は愛南のほうが断然うまいです・・・!
竹田

コメント

非公開コメント