7月の海日和です

ヤドカリ博士改めヤドカリ仮面さんの本日海日和です

本日!海日和!!Vol32 「元祖イクメン」
kasima2012_07_23_026-.jpg
【稚魚の目が見え始めた卵】
 7月になると海水温も上がり、生き物たちの動きも活発になってくる。クマノミが産卵を始めるのもこのころである。
 クマノミはイソギンチャクと共生することで有名だが、稚魚が生まれるまで、卵を大切に守ることでも知られている。胸びれで新鮮な海水を送ったり、ごみを取り除いたり、かいがいしく世話をするが、これは主にオスの仕事だと考えられている。
メスの仕事はというと、卵をねらって巣に近づく敵を追い払うことである。もちろんダイバーも例外でない。「カッチ・カッチ」という警戒音を出しながら向かってくる。それでも立ち去らないと今度はかみつき攻撃である。手や顔など露出している部分をかまれるとなかなか痛いので、そそくさと退散することにしている。
子煩悩なオスと頼りになるメスの組み合わせ。最近の人間界でもよく耳にするようになった話である。

(クマノミ 瀬の浜)愛南サンゴを守る会 西尾知照

コメント

非公開コメント