本日!海日和!!Vol44 「星+笹の葉=?」

ホシササノハベラ

【ホシササノハベラ】
もうすぐ七夕がやってくる。夏祭りの笹飾りには、子どもたちのかわいい願い事が書かれていて思わずほほえんでしまう。
ホシササノハベラは、「星」・「笹の葉」と七夕を連想させる名前が付いていて、なんだか願い事をかなえてくれそうである。ベラの仲間は夏が旬とされ、瀬戸内では煮てよし焼いてよしと瀬戸内の人たちに珍重される高級魚である。私も初めて行った船釣で、漁師さんの作ってくれた刺身の味に、子どもながらに感動したことを覚えている。もちろん魚屋でもセンター候補である。
ベラの仲間は愛南でもよく釣れるのだが、持ち帰る人はほとんどいない。魚が好きなネコでさえ、またいで通るのだと「ネコマタギ」なんて呼ぶ人さえいる。カツオヤやタイなど肉のたっぷりとついた、食べ応えのある魚が豊富な地域なので無理のないことかもしれない。食文化の違いとはいえ、贅沢な話である。
そういえばホシササノハベラは真っ赤なサンゴをなわばりにしていた。ここでは魚の住みかも贅沢である。
(撮影地:鹿島)愛南サンゴを守る会 西尾知照

 アップ忘れてました大変申し訳ありません

コメント

非公開コメント