H さん11月16日写真

まずHさんのカメラ紹介!
Hさんカメラ
カメラはキャノンD-50レンズは100㎜マクロ シーツール制のハウジング ストロボはINON Sー2000にターゲットライトはFIX1000ライトという装備です。
Hさんハナミノ2
ハナミノカサゴの幼魚の写真です。 100㎜マクロレンズはこのカメラでは150㎜(撮像素子がAPS-Cなので35㎜フィルム換算)、望遠マクロとなるため被写体との距離を取るには良いのですが、動く魚を捉えるには慣れが必要です。
この写真はうまくフレームに収められて表情もあり良い写真ですが、ストロボの光量が不足気味です、撮影の様子を拝見しましたがストロボに散光フイルターを付けられてました、この距離だと外したほうが良いのではと思います。
カメラ設定も背景の具合から見るとオートのモードなので、被写体と背景のコントラストが弱く印象が薄くなっていると思います次回はもう少しストロボ強めでコントラストを付けると、より面白くなると思います。
Hさんイバラ
イバラカンザシを撮ったこの写真はマクロの特性をうまく使いバックをボケさせ、画面を整理しうまく被写体を強調された写真ですが、もう少し近寄るか、被写体を中心より少しずらすなどフレーミングに工夫するとより良い写真になると思います。
ストロボ光量も多くすると発色もよくなると思います。
H.jpg
カイカムリを撮った写真です。
撮影距離も近いのでストロボ光は十分あたっていますがもう少し近寄って撮りましょう。(このレンズは等倍撮影可能)
デジタル1眼カメラだと後で気に入った部分を切り取って作品にすることも出来ますが、出来れば撮影現場でその意図をもって撮影するほうが楽しいと思います。
カメラ、レンズの機能を引き出せるよういろいろ学べば楽しいですよ。…水中写真の世界、結構奥は深いですぞ!!

何か今回は、いちゃもんばかりつけているようで心苦しいいのですが、気心知れた方なのであえて言わせていただきました。
カメラを持たれた時からHさんには何もアドバイスせずにいたもので、これを機会に少しずつ色々な撮り方を試していただく事といたしました。
Hさんとの約束で次回の写真も掲載予定です、どのような写真が撮れるか…お楽しみに。

写真、カメラ、のことで何かわからないことはお尋ねください…拙い知識ですが、わかる範囲でお答えいたします。

コメント

非公開コメント