本日!海日和!!Vol 70「サンゴの避難場所」

kasima2012_08_17_029-.jpg
【サンゴに隠れるカサゴ】
9月1日は関東大震災にちなんだ防災の日である。各地で避難訓練など、様々な行事が行われている。地震が起こったら、どうすればよいかを考える一日にしたいものである。
食うか食われるかの厳しい海の中にも、避難施設のような場所がある。すり鉢のような形をしたスリバチサンゴもその一つだ。この中に入ると、敵に襲われにくくなるのだろうか、いろいろな魚がやってくる。写真は、瀬ノ浜にあるスリバチサンゴだ。砂地の中にポツンとあり、よい隠れ場所になるためか、よく魚が入っている。ここに潜ったときは、どんな魚が隠れているか楽しみにして見に行く。この日は、カサゴが隠れていた。上から見ると丸見えなのだが、それは気にならないらしい。
このようにサンゴは、多くの魚に隠れ場所を提供している。サンゴは漁業の上からも大切な資源である。しっかりと守っていかなければならない。
(撮影地:瀬ノ浜)愛南サンゴを守る会 西尾知照

コメント

非公開コメント