沖ノ島第2弾! 今回は如何に?

6月に催行した沖ノ島ツアーの第2弾がこの8月中旬に行われました。夏本番ということもあって多くのダイバーにご参加いただきました。実際のところ、船上は戦場の如し、込み合うこと込み合うこと…。器材のセッティングからエントリーまで3チームに分けて行うほどでした。

1本目は少し離れた鵜来島のポイント「オヤユビ」 古い(失礼!)会員さんには懐かしのポイント。岩場のポイントで、タテジマキンチャクダイが親子でひらひら、カエルアンコウがにじりにじり、オウミウマがゆ?らゆら。と、生き物たちが盛り沢山!

2本目は沖ノ島の「トリノクビ」 代表ポイントだけあって回遊魚からピグミーシーホースまで、ハードコーラルからソフトコーラルまで、1本で2度も3度もおいしい所です。キビナゴの群れに突入するカンパチの群れ。乱舞するキンギョハナダイやソラススメダイ。見事なミドリイシ類の群生。癒し効果満点のダイビングとなりました。
そんな中、見事だったのが安喜社長の「ツバメウオ使い」 ゲストグループの前までツバメウオの群れを連れてくる技は他では見られない!?

とまあ、賑々しく終わったツアーでしたが、また遊びに来たい海でした。というか、絶対リベンジしてやる?! だって、帰った途端に透明度25mなんて…。

コメント

非公開コメント